希少価値の高い切手とは?

切手の希少性とは何か

切手の希少性は、年代的な古さと発行部数の少なさ、この2つが基本で、さらに、製造上の稀なエラーや使用例の少なさや消印の珍しさ、これらも評価の対象となります。明治初期の切手は、古いことに加え残存数も少なく、希少性があります。また、時代を問わず、何かの理由で発行数が少ない切手は、当然ながら希少性があります。また、希少なエラー切手が高額で取引されることは、広く知られています。
「使用例の少なさ」については、意味が分かりにくいかも知れません。これは、郵便の特殊扱いに関するもので、郵便物には、書留郵便や速達郵便があるように、もっと珍しい特殊扱いの郵便物がそれぞれの時代にありました。その特殊郵便で配達された封筒が、切手を貼られ消印が押された状態で残っていれば、封筒ごと収集の対象になります。この場合、切手を剥がすと価値が激減します。

希少価値の判定は、専門知識が必要

切手カタログを参照するだけで希少性を判定できる場合もありますが、特殊な専門分野で評価される希少性もあり、その場合は、専門家でないと全く判定できません。もし仮に、見るからに古い時代のもので、封筒に切手が貼られ消印の押されたものであれば、切手を無闇に剥がさないようにして下さい。切手を封筒から剥がすことで、価値が減少することはあっても増大することはありません。
古い時代の普通切手には、長期に渡って製造されたことで、様々な変種の存在が知られているものがあります。この種の変種は、専門カタログにだけ掲載されているもので、僅かな違いで変種として認定されるもので、専門家でないと見落としがちなもので、価格にも大きな差が出る場合があります。