普通切手でも売ることは可能なの?

普通切手でも売れるわけとは?

普通切手を専門に収集するコレクターはいます。しかし、相当に古い普通切手でないと、プレミアムは付きません。現行の普通切手や少し古いだけの普通切手では、高く買取ってもらうことは無理です。しかし、それでも売れることは売れるのです。ただし、額面割れになります。
珍しくもない普通切手(未使用)は、郵便料金の支払手段として、コレクターではなく企業が、額面より少し割安になる値段で欲しがっているからです。この種の切手は、買い取られた後、企業が大量に発送する郵便物の郵便料金として、料金別納郵便の制度によって切手で郵便局に支払われているのです。料金別納の制度では、封筒に切手を貼らずに、その郵便料金を現金か台紙に貼った切手によって支払えるようになっています。

プレミアムの付く普通切手とは?

見た目の美しい記念切手と違って、地味な存在である普通切手ですが、普通切手専門のコレクターにとっては、大変に魅力的なアイテムです。普通切手の中でも、特に古いものや比較的新しいものであっても特殊なものは、プレミアムが付くことがあります。
例えば、普通切手の一分野であるコイル切手や切手帳ペーンなどは、普通のシート構成と違う形式になっていて、少しプレミアムが付きます。また、耳紙に文字や数字のあるものは、その耳紙付きで10枚ブロックなどの条件で少しプレミアムが付くことがあります。また、使用済みの普通切手でも、郵便に使用した古封筒の状態(エンタイアという)でなら、プレミアムが付くことがあります。ただし、ありふれた使用例では駄目で、第4種郵便とか第5種郵便とか外国向け郵便など、普通とは違った料金設定になっている特殊扱い郵便物が、使用例の少ないものとして希少性を持ちます。